「Japan Local City Card®」サービスの
九州地域電子マネーに個人間送金機能を追加

日本ユニシスは「つながろう!九州」実証事業(※注1)の日本人旅行者への展開に合わせ、地域創生に寄与する取り組みとして、本実証にて提供しているスマートフォンサービス「Japan Local City Card(※注2)」で利用可能な地域電子マネーに、新たに個人間送金機能を追加(※注3)しました。本機能追加は日本ユニシスの注力領域である「スマートタウン」における取り組みのひとつとして、地域内での電子マネーの循環を促進させ地域内経済の活性化を図ると共に、住民間の相互扶助活性化にも繋げることを目指します。

「Japan Local City Card」に追加される機能

・送金者と受信者がQRコードを利用して、対面で電子マネーを送金する機能
・送金先をメールアドレス検索で指定して、非対面で電子マネーを送金する機能

個人間送金機能の利用シーン

主な利用シーンとして「会計時の割り勘決済」や「忘年会での集金」などの利用を想定しています。
また、費消しきれなかった電子マネーを地域へ還元する仕組みも取り入れ、寄付用のバナーを選択すると、1円からの送金(寄付) (※注4)ができます。
送金が現金ではなく地域電子マネーとすることにより、これまで市場価値を付けることが難しかった「ボランティア活動への対価」や「感謝を表現する手段」への活用も可能となり、住民間の相互扶助を促進します。

今後の展開

日本ユニシスグループは、注力領域のひとつに「スマートタウン」を選定しており、人口減少・高齢化・過疎化などの地域毎の課題の深刻化に対し、エネルギー・交通・健康・観光などのサービス提供企業と当社グループのサービスを連携させ、生活者・来訪者に共感されるサービスの創出を目指しています。今後は、クラウドソーシング/シェアリングサービス事業者やボランティア活動を行うNPO法人等と連携したサービス展開を行うことにより、キャッシュレスによる地域内経済活性化、及び地域創生の実現を目指します。

※注1:「つながろう!九州」実証事業
⽇本ユニシス株式会社、株式会社くまもとDMC、⻄⽇本電信電話株式会社 ⻑崎⽀店、⻑崎国際観光コンベンション協会は、外国⼈旅⾏者が九州全域で周遊、飲⾷、買い物から決済までをスマホひとつで完結する⽇本の旅として、当実証事業を2018年度より開始しました。

※注2:Japan Local City Card
「Japan Local City Card」は、九州に観光で訪れた方々の周遊・飲食・買い物から決済までをスマホひとつで完結させるアプリケーションです。

※注3:新たに個人間送金機能を追加
本機能追加は段階的に実装予定であり、現時点(2018/12/17)では、Android版の非対面送金のみ利用可能です。準備が整い次第、随時iOS版及び対面送金機能のリリースを行います。

※注4:(個人間送金機能を利用した)寄付
お寄せいただいた電子マネーによる寄付金は、「つながろう!九州」の運営事務局にて有効かつ適切に管理し、九州エリアの観光促進や、地域振興の為に活用させていただきます。

※Japan Local City Card® は、⽇本ユニシス株式会社の登録商標です。

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。