2021.11.22

患者データ連携技術の開発で神戸大学大学院医学研究科との共同研究を開始

健康・医療データの自動連結を可能とするICT基盤の開発を開始

BIPROGYは、国立大学法人神戸大学大学院医学研究科 地域社会医学・健康科学講座 AI・デジタルヘルス科学分野(榑林陽一特命教授)およびシミックソリューションズ株式会社と、健康・医療データの自動連結を可能とするICT基盤の開発を開始しました。

BIPROGYは、本人の意思に基づき、データを安心・安全に業種・業界を横断して流通させることを可能とするプラットフォーム「Dot to Dot」をベースとした、医療データ・ヘルスケアデータの連携基盤を、本共同研究にて開発し、医療現場のデジタルトランスフォーメーションの実現を目指します。

詳細は関連リンクよりご確認ください。

※記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

※掲載のニュースリリース情報は、発表日現在のものです。

関連記事

患者データ連携技術の開発で 神戸大学大学院医学研究科との共同研究を開始